昨今、院内感染防止対策の為、当社タオルの洗浄方法や取り組みについて、お問い合わせを多く頂いております。
当社では、下記のような洗濯工程と合わせ、衛生管理面も強化しております。





当社のタオル洗浄管理について


当社でレンタルしているタオルは、指定洗濯物として以下の衛生管理を実施し、安心してご使用いただけるタオルに仕上がっております。

〔洗濯工程 〕
厚生労働省の指導基準による消毒効果のある洗濯方法では、80℃以上のお湯で10分間以上処理する工程、または次亜塩素酸ナトリウムなどを使用し消毒する工程となっていますが、 当社では80℃×15分(衛生管理基準)+抗菌剤を使用しております。

〔菌数を抑える取り組み〕
1.連続式洗濯機内に残ったタンク内の水を、作業終了時毎日排水しています。
2.(社)日本寝具協会で定められている洗濯機内胴消毒年1回以上を、当社では過酢酸を使用して、年2回の消毒を実施しています。
3.タオル生菌検査を月1回、弊社の検査室で浸透法により実施し、タオルの生菌数の傾向管理を行っています。


2019年11月25日現在